このページのトップへ
昇順表示 | 降順表示
«前のページへ || 1 | 2 | 3 | 4 || 次のページへ»
2016/03/05: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
フジホーム 広告

地域新聞ショッパー所沢版と川越版にフジホームが掲載されました。

エクステリアやお庭は十人十色。

理想のスタイルを、フジホームなら実現いたします。

ご相談はいつでも無料で承ります。

デザインにこだわりたい方、素材にこだわりたい方、施工事例写真や資材サンプルなどを

ご覧いただきながらお好みのスタイルをデザインルームでみつけませんか?

ぜひお電話かホームページのコンタクトページからお気軽にお問い合わせください。



2015/09/26: ブログ on 株式会社オカモト
去る8月29日・土曜日、当社西神楽展示場にて、
・オカモト夏祭り・を開催しました。天候にも恵まれて、
予想をはるかに超える大勢のお客様に来場いただき
ました。開場時間より早くに、お客様が来場され、
終了時間の午後8時までで、実に162組ものお客様で、
大変な大賑わいの内に無事終了いたしました。皆様に
改めまして感謝と御礼を申し上げます。


ClipboardImage
色々な・・アウトレット商品・・を目当てに、
早くから多くのお客様が
来場されて、人工芝・平板・レンガ・枕木と、
実に多くの商品を御買い求めいただきました。
お客様に、飲料水と軽食・・焼き鳥、フライドポテト・・のサービスの
コーナーです。結構好評でした。当社スタッフと、
協力業社の方々が、懸命に対応しています。
P8290044
P8290049
屋内展示場の落葉松館や、
屋外展示場の
テーブルスペースで
商談を進めました。
2015/08/02: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
IMGP3984


 現場のサイズに合わせたり、デザインして製作するものを特別注文品(以下、特注品)といいます。最近では、量産体制のとれた既製品のバリエーションが豊富になって、なかなか特注することもないのですが、鉄や真鍮などの重金属や木製品などは、特注を前提とした生産体制になっています。

 製作風景などは、なかなか見ることができないのですが、

IMGP8769
 とっかかりは、こんなざっくりとしたスケッチでアトリエにイメージをお伝えします。このときは、ナチュラルで優しい雰囲気にしたかったので、小さな木でつくった杖のような手すりのイメージでお願いしました。



平面上で、寸法や勾配など細かな設定をして、3次元でイメージを起こせるよう数値を伝えます。ここが一番大事です。
IMGP9752


IMGP8696

 そんなやり取りで出来上がった手すりです。構造的に必要な部材や太さなどはお任せして、機能的にも強度的にも満足できる手すりとなりました。

 手すりを支える柱が一本一本異なることにお気づきでしょうか?オーダーメイドで、人の手がつくるからこそできる面白さではないでしょうか。

 今回は手すりのご紹介でしたが、ほかにもいろいろなアイテムをおつくりしています。詳しくは、ぜひフジホームにお問い合わせください。お好みのテイストでおつくりいたします。

フジホームのホームページもぜひご覧ください。
2015/07/24: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
IMGP3984


 ライトアップはエクステリアの醍醐味です。昼間の姿と違った景色をつくることで、よりドラマチックな外観が完成します。低電力で発光し、小型化が可能となったLEDのおかげで、エクステリアの照明も環境に優しく経済的な負担が少ない時代となりました。

 通常の電気は、100Vという一定の電圧で電流を流しているのですが、LEDの場合は、12Vの商品も多く、接続の仕方も簡単になって、電気技師の資格を持っていなくても扱えるものも出てきています。


IMGP8769
 こちらの床の一部が光っているのは、タカショーさんのマーベライトです。昼間は大理石調の石の様相ですが、夜は、一面が光り、ドラマチックなアクセントとなります。


こちらも同じくタイルドライトです。玄関へと連続させることで自然と導くことができます。スポットライトがシンボルツリーを建物の壁にシルエットを映し出し、ドラマチックな演出となります。
IMGP9752


IMGP8696

 水の中で発光する防水タイプの照明もございます。部屋の中から楽しめ、庭で過ごす時間が、かけがえのない時間に。

フジホームのホームページもぜひご覧ください。
2015/07/24: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
IMGP3984


 床の仕上げで最も人気の高い乱形の石貼り仕上げ。前回は乱形石貼りをご紹介しましたが、今回は、ヨーロッパで実際に舗石として使われていた石をご紹介します。

 ヨーロッパといえば、石がふんだんに使われた街並みを思い浮かべる方は少なくないと思います。広場を中心に放射状に広がる道、迷路のように入り組んだ住宅地…。城下町では特に日本のそれとはまったく異なる構造をしています。今、こうした街路が、アスファルト舗装に取り換えられて、石がたくさん掘り出されています。日本には、ベルギーやオランダ、デンマーク、ドイツなどから、実際に石畳として使われていた石が手に入ります。

 実際に使われていただけあって、表面は摩耗していたり、風化していたりと、実に味わい深いものが…。



IMGP8769
 こちらは、クラシカルな水栓柱グリフォンとアンティークストーンを組み合わせています。背景がレンガだということもあって、グリーンの水栓柱がよく映えます。赤、緑、グレーなどの微妙な色彩があるこちらのアンティークストーンは、ベルギー、トゥルンハウトで使われていたものです。はるかかなたの土地から歴史を引き継いだようで、なんだかワクワクします。


IMGP8696
 レンガは少し柔らかすぎる…、乱形の石だと派手な感じがする…などとお感じの方にはおすすめです。使い方一つで、その場の雰囲気が変わるアンティークストーン。敷き詰めると、一変して世界が変わる…一味違う趣きをぜひ、ご自宅に取り入れてみてはどうでしょうか。将来、手に入りにくくなる素材です。

フジホームのホームページも合わせてご覧ください。

2015/06/16: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
IMGP3984


 床の仕上げで最も人気の高い乱形の石貼り仕上げ。世界各地の石が薄くスライスされて輸入されています。産地によって同じ石でも特徴があり、知っておかないと、完成後に大変な目にあうこともしばしばです。

 石材は床の仕上げのみならず、壁や建物の屋根、支えとして、基礎にと適材適所で使われています。

 乱形の石を貼るのは、頭脳と体力のいる仕事です。1枚1枚サンダーなどでカットするのではなく、叩いて割りとり、細かな調整をしながら、美しい乱形石貼りをつくっていきます。 

IMGP8769
 こちらはタイルで仕上がったポーチに向けて、乱形の石がいろいろな色を加えてアプローチ全体の表情を豊かにしています。自然石は、採れた時期によっても色幅が大きく、赤みやオレンジが強かったり、グレーが強かったりと、色にも幅があります。そこは職人さんたちが上手に配色してくれます。


IMGP8696
 自然石には鉄分が含まれていることが多々あります。それらが、雨に濡れ、サビが出て、床面を汚してしまうこともございます。しばらくすると落ち着くこともありますし、色によっては全く気にならないことも。
 ただホワイト系の色彩のアルビノクォーツは、黄変しないもののほうが少ないです。そういったことを把握してプランをしていかなければならないのですが、自然界のものは本当に思うようにいかないことが多いのが現実です。
 お使いの石がどこの石で、どんな特徴があってどういう経年変化をしていくか…、そんな情報があると安心ですね。

フジホームのホームページも合わせてご覧ください。

2015/05/30: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
IMGP3984


建物の壁や床、土塀などを、こてを使って塗り仕上げる左官。

 その語源は、平安時代、宮中に出入りする職人さんたちに「紗官」という官位を与えていたことだそうで、左の字は当て字だとか…。経験と勘と努力に加えて筋力の必要な仕事です。建築の世界では、メジャーな存在で、エクステリアの分野でも活躍されている方が増えています。

 フジホームの職人さんたちは、柔らかな風合いの山砂を用いた左官仕上を特に得意としています。洗い出しほど骨材が主張せず、洋でも和でも、モダンでも、雰囲気に溶け込んでいく仕上げは、デザインする上でも貴重な仕上げの一つです。ただ、この仕上げの方法を習得するのは難しく、途中であきらめてしまう方も少なくありません。

 

IMGP8769
 こちらのウォールは、コンクリートブロックを積んで、山砂仕上げで仕上げ、自然石で小窓をつくり、優しい風合いのウォールに。

 草花が映えるこの山砂仕上げは、どこか懐かしい土壁を思い起こさせます。地元の素材を使って、バナキュラーなエクステリアやガーデンをおつくりすることは、日本の原風景を守ることにつながると、職人さんたちもそう信じて日々技術を磨いています。


IMGP8696
 こちらは、山砂仕上げで仕上げたアプローチです。フレンチモダンの住宅をイメージしたガーデンにも浮き床の仕上げでうまく調和しています。

 タイルほど、シャープにならず、自然石ほど重厚にならないこの山砂仕上げ。モルタル造形ほどの自由度はありませんが、それでも面白い表情を工夫次第で得ることができます。レンガや石との組み合わせも、経年変化で違和感を感じることが少ない素晴らしい仕上げです。

フジホームのホームページも合わせてご覧ください。

2015/05/23: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
DSC_0061


 エクステリアやガーデンに欠かせない素材のひとつ、石。

 日本には世界中の石が集まっていて、テイストに応じて自然石を選ぶことができます。

 最近では自然石を積みあげて、花壇をおつくりすることも多く、中でも柔らかな質感のコッツウォルドストーンは、多くのお客様の心を魅了しています。

DSC_0057


 先月オープンしたばかりの前橋みなみインター隣りの住宅展示場のアプローチガーデンに、コッツウォルドストーンをふんだんにお使いしました。

 同じ砂岩系の自然石で床を仕上げたので、ホワイトからベージュの淡い色彩が建物を引き立てています。

 この組み合わせは、訪れる人に魔法をかけて、家の中に誘ってしまうようです。

DSC_0024


 コッツウォルドストーンを積んだ花壇に、エッセンスガーデンのクラシカルな水栓柱と水受けのの陶器を置きました。

 花壇の中の植栽が絡んで、お庭全体に馴染み、高さも花壇の分だけ上がるので、使い勝手もよくなります。

 イングリッシュガーデンはもちろん、すっきりとしていて柔らかい印象のフレンチモダンを目指している方にもおすすめのコッツウォルドストーンです。




フジホームのホームページも合わせてご覧ください。

2015/05/23: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
IMGP3984


モルタル造形という言葉をご存じの方は少ないかと思います。

 張りぼて、と言われてしまうこともありますが、自然石や木材など、本物の質感に似せて、様々な鏝(コテ)を駆使して粘土細工のように軽量モルタルでかたちづくる技術です。高価な自然石や、外では腐食してしまい使うことができない大理石や木材も、このモルタル造形で、本物そっくりにつくってしまうことで、制限を打破し、表現の幅が広がる、夢のような素晴らしい技術です。

 本物ではないということで、いかにもモルタル造形というものは敬遠していましたが、使い方と左官の腕ひとつで、本物以上に素敵になることも(これは内緒です!)

IMGP8769


 こちらの門柱は、コンクリートブロックを積んで、モルタル造形で仕上げたものです。

 真っ白な漆喰をイメージし、レリーフの造形がクラシカルな雰囲気に。

 ケーシングと呼ばれるデザインは、ヨーロッパでは伝統的な装飾です。建物に使われている装飾材のようにアルミや樹脂製のものもありますが、専門家が鏝(コテ)をふるって造形していくものは、リーズナブルで長持ちする上に一味違う良さがあります。




IMGP8696

 こちらは、道路側の隅切り部分です。花壇の低い土留めも角柱にデザインを合わせて、笠木に表情を与えました。連続した、モルタル造形の角柱をつなぎます。いろいろな花色の植物が映えるエレガントな空間に。

 自然石や植物など、本物の素材に漆喰調のモルタル造形の組み合わせ。相互にプラスになる使い方で、ぜひご自宅に取り入れてみてください。

フジホームのホームページも合わせてご覧ください。

2014/07/28: ブログ on 株式会社エコ.グリーン設計
2014/07/28: ブログ on 株式会社エコ.グリーン設計
ブログのURL
http://www.eco-green.jp/blog


2014/06/16: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
パースと同じ角度
弊社のホームページをご覧になって
お問い合わせい頂いたお客様の外構工事が
完工致しました。
ホワイトを基調とした建物と溶け込むように
二丁掛けレンガ調タイルを門廻りに使用しました。
アイアンのFIXフェンスや鋳物門扉の曲線が
クラシックでエレガントに演出しています。
パース2
CADでおこしたイメージパースです。

王冠の表札
二世帯の表札を門の左右に取り付けました。
219角の大きめの表札です。
王冠表札

フランス語でLa cournne(ラ・クローヌ)
王冠の意味の表札です。



アプローチ
門扉から玄関までのアプローチは
天然石乱形貼りで彩りをつけています。



芝
母屋とのあいだの中庭通路に
芝を新植しました。

門廻り
レンガ調タイルは
LIXILカサータCS-1です。
ほのかな焼きムラがタイルの硬さを和らげています。

3連引戸
四国化成のスタッキング3連引き戸を
母屋側に新設しました。

T様、この度は誠にありがとうございました。
2014/05/14: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
5月13(火)〜14(水)に
埼玉狭山市フジホームにて
エクステリア工学会 5月定例研修会が開催されました。

北海道から九州まで全国のエクステリア専門店の
方々が参加されました。


1



2
エクステリア工学会 堀尾会長からご挨拶です。



4
フジホーム岩田社長からパワーポイントでの
会社紹介がありました。
5
夕方からは、 グランフェイス代表 大熊一幸氏による
講演会がありました。


大熊一幸氏講演
テーマは、
「必要とされるエクステリア専門店になるためには?」
この講演会のために施工写真を準備していただきました。
大熊一幸氏講演2
・収集力
・企画力
・提案力
・対応力 
をつけることによってお客様に伝える力をつけること、
また、海外の有名建築から創造力と直感力を学び、
魅力的なデザイナーになるためのヒントを
教えて頂きました。
大熊一幸氏講演3
トップデザイナーの大熊氏でも
お客様のご要望を意識して
決してエゴでデザインせずに
努力を惜しまず、常にセンスを磨いていらっしゃると
思いました。
14日は西武ドームで開催されている
国際バラとガーデニングショウの
見学研修が行われました。

遠方からご参加された方々
お疲れ様でした。
2014/04/10: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
今年2月の大雪で
カーポートがつぶれてしまった
お客様の復旧工事が
終わりました。


シコク マイポートワイド


3年前の2011年3月の
東日本大震災のときに工事をしたときは
びくともしなかったのですが、
今年の大雪には耐えられませんでした。

ちなみに、3年前のカーポートはこちら↓


3年前


このカーポートは
四国化成のマイポートワイドです。
屋根が道路側から家側に向かって勾配がついていて、
家側の低い屋根が大雪でV字につぶれてしまいました。
火災保険が適用できるので
既存を解体撤去して全く同じカーポートを
復旧致しました。




dRNmhtGD
        
        二本柱で支えているので
        柱の基礎は通常よりも大きくとっています。



kZ82Cj6s


線路脇にお住まいがあり、電車からも、
遠くからでもよく目立ちます。
K様、この度は、誠にありがとうございました。


2014/04/09: ブログ on 株式会社フジホーム(埼玉)
               川越市の現場が完成しました。


鉄平石は規則的に並べています


鉄平石は規則的に並べています


水に濡れると表情が豊かになります


水に濡れると表情が豊かになります


いろんな色の栗石を2本の轍状の土間の間にいれて自転車を押して歩きやすいようにしています
ニューフレンチコブルとお客様がお持ちの溶岩石
   いろんな色の栗石を2本の轍状の
   土間の間にいれて自転車を押して
   歩きやすいようにしています
        ニューフレンチコブルと
        お客様がお持ちの溶岩石
山砂と上海レンガと鉄平石
       山砂と上海レンガと鉄平石
車止めにお家にあった沓脱石を
     車止めにお家にあった沓脱石を
元の家にあった石を使って階段に
                     元の家にあった石を使って階段に



平たい石も組み合わせて階段に
          平たい石も組み合わせて階段に
 
基礎補強はセダムをいれて優しい印象に
      基礎補強はセダムをいれて優しい印象に






          お庭のロックガーデンに
          ヒナソウをいれて柔らかく
お庭のロックガーデンにヒナソウをいれて柔らかく






お客様がもっていた溶岩石をもともとそこにあったかのように積み上げました










お客様がもっていた溶岩石を
もともとそこにあったかのように
積み上げました








中からみた坪庭
        中からみた坪庭






南側の坪庭
          南側の坪庭
昇順表示 | 降順表示
«前のページへ || 1 | 2 | 3 | 4 || 次のページへ»