IMG_1322-02
薄明にひっそりと佇む料亭旅館のような門まわりの外構です。
黒い塗り壁に貼られた大谷石がライティングによって浮かび上がっている様子が幻想的な格式高い和の佇まいを演出しています。
大谷石や白い外壁に映し出された植栽の影も趣があります(シャドウライティング)。
使用しているライトはLIXILさんの「美彩」というシリーズ商品です。一般的なライトがLED電球を複数使用しているのに対して、この商品は1粒のLED電球のみ(1コア)のタイプのため影がぼやけずにしっかりと映しだされます。
足元の大判の方形石のアプローチと白い砂利の組み合わせも和のテイストにピッタリです。
この施工例の詳細はエコ.グリーン設計のホームページでご覧頂けます。