このページのトップへ

会員の声

エコ.グリーン設計の声

ClipboardImage
エクステリア工学会入会で得たメリットは?
 経営の数字面のことや、宣伝広告、集客イベント、社内の体制、施工・職人、アフター保証、店舗展開、管理システム、人事・給与・厚生などなど具体的に相談したい、知りたいと思っていることをテーマとして取り上げることが多いので大変参考になり、勉強になります。

各会員とも会員相互の発展を重視しているので、提供しあう情報も表面的なものではなくより具体的なものであり、自社の経営の参考にさせて頂くことが多くあります。

 また、お互いの店舗の見学会や地場のエクステリアメーカーの見学会など、情報だけでなく実際に体感できるイベントの開催などもよい勉強になり刺激になります。
 
エクステリア工学会入会のきっかけは?
 経営や施工品質などにおいてレベルの高い同業他社様と胸襟を開いた情報交換や相談をすることが自社の成長に資すると考えたためです。同業他社様との接点という観点では、各地に様々な会が存在すると思いますが、特に下記の点がエクステリア工学会の特徴であると感じて入会をしました。

●自社のことだけでなく、業界全体の発展を考えている経営者の方がたくさんいらっしゃるので、視野が広がりよい刺激を受けることができる。
●会員が全国各地からの参加なので、横の連携や知見を広めることができる。
●同じく、会員が全国各地に分布しており商圏が被らないので、損得抜きで経営に関するより深い部分の話ができる。

実際に考えていた通りであり、当会で得た情報や手法を自社に取り入れているケースはたくさんあります。

ガーデン光房の声

ClipboardImage
エクステリア工学会入会で得たメリットは?
エクステリア業界全体を、今よりもっと良い業界にしていきたいという想いをもった会員が集まっています。
そのため、自社の課題について、快くアドバイスをいただいたりし、とても参考になります。
また、詳しい所まで自社の取組について情報交換しますので、他社さんの良い所を学び、自社に取り入れることができます。
 
エクステリア工学会入会のきっかけは?
エクステリア工学会には、全国の同業者が参加しています。
全国の同業者の取組みを参考にし、良い所を学び、自社に生かすことで、お客様に対してのサービスレベルをさらに向上させていきたいという思いから入会いたしました。

総合園芸の声

エクステリア工学会入会で得たメリットは?
弊社ならびに業界全体も課題である事柄を、各地域で活躍している同業者と話を交えながら解決策を見出すことが出来ます。
また、各社の取り組みなどリアルタイムな活動も話が聞けて、大変有意義な勉強会と思います。

―主な課題―
/人不足問題。
⊆勸の定職率。
6伴圈Ε好織奪佞離皀船戞璽轡腑鵑鮠紊欧襪砲蓮
そ元卻法。
ゥ妊競ぅ麥呂噺率を向上するために。
…Etc
 
エクステリア工学会入会のきっかけは?
ご紹介をいただき、有意義な会と感じたため入会しました。

タカヤ造園の声

エクステリア工学会入会で得たメリットは?
入会して8年目になります。(2016年現在)

(1)各社の受注、粗利、市場、営業状況が分かり今後の営業における判断材料になり目安が付きやすくなった。

(2)受注依存度が劇的に変わった。
  H20年度→ハウスメーカー(ゼネコン)70%、直受注30%
  H27年度→ハウスメーカー(ゼネコン)30%、直受注70%
参加会員より施工事例を参考に実践した結果が良かった。
悩み相談における解決。

(3)色々な地域における文化施設見学及び各社の展示場研修において情報及び実施されている状況を参考に持ち帰り、自社風にアレンジして実行できる。
 
エクステリア工学会入会のきっかけは?
●平成19年に前身であったどんどん会に旭川の株式会社オカモト前柴田社長からの紹介で入会。

●当初、展示場について悩みが有り、特に集客力、デザイン、最新アイデア情報が必要だった。

●北海道では展示場展開している工事店が少なく情報量がなかった。

●当初平成19年頃は工事売り上げの70%はハウスメーカー・ゼネコンからの工事が多く、公共工事が少なくなり、今後不況が続くと思ったので一般工事を70%を目標にしたかったため。

フジホームの声

ClipboardImage
エクステリア工学会入会で得たメリットは?
人財教育、情報の共有、経営の合理化、エンドユーザーに
認知度を高める受註システム等
、意見交換の工学会である。
 
エクステリア工学会入会のきっかけは?
京阪グリーン(株)初代会長北島社長によってエクステリア業界の認知度を高めて行く会を創りたいのでと勧誘されました。
お客様から信頼、支持を得る為の情報の共有(安全管理)(品質管理)(法令の遵守)(5S)の徹底等、人財教育も積極的に会員と意見交換をしています。

« トップページに戻る